肌断食の経過40代のブログ1ヶ月目|肌荒れやガサガサが消え成功?水分量は・・




肌断食も1ヶ月が経過しました。

1ヶ月も経つと肌荒れがなくなり、触り心地もガサガサしなくなりました。

見た目は普通の肌です。洗顔後もつっぱりもなく、ワセリンをつけなくても平気です。

 

これはガサガサ肌荒れ乾燥期を脱出し、肌断食の1段階目の成功なのでしょうか。

しかし気になることが1点。肌の水分量を計測してもかなり低く、肌の水分はあまりよくない状態なのです・・・。


Sponsored Link

肌断食は肌荒れやガサガサが消えたら成功?

肌断食 1ヶ月

肌断食の成功ってどういう状態のことをいうのでしょうか。

色々調べてみると下記のような状態になれば一応成功した、といえるようです。

  • 肌が洗顔後、何も付けなくてもつっぱらない、痛くない
  • カサつきがなくなり、触り心地がよい
  • 顔の赤みがなく、均一な肌のいろ
  • ニキビや角栓などがない
  • キメの細かい肌
  • 保湿がしっかりできている肌

これをみると肌断食の成功はやはり段階があるのではと思います。

まずは乾燥やつっぱりがなくなるのが第一段階、そこからキメが細かくなり保湿がしっかりできてラメラ構造が整うのが第二段階で、ここまで来れば成功といってもいいのかも。

となると今の肌の状態は、なんとか第一段階までいけたのではと思います。

しかしまだ水分量を計測しても水分量が最低の30%、油分も最低ラインです。

 

ただ単に洗顔しても肌がつっぱらなくなっただけで、ここからしっかり保湿ができている肌にならないとあまり意味がないのでしょう・・。

でも肌のキメが細かくなり、ワントーン明るい透明感のある肌になりたいと思うので、これからも頑張っていこうと思います。

肌の理想水分量はどのくらい?

肌の水分量の理想は約40〜50%ですが健康的な肌の水分量は約20〜30%、そして水分量と油分量は8:2になればよし。

水分量だけでもなく、適度な油分量も必要なのです。

これは肌の保湿をつかさどっている、ラメラ構造が水分と油分のミルフィーユ状になっており、油分があるから水分が逃げずに保たれているため、このバランスを崩さないようにしなければならないからです。

 

今計測すると水分量は30%なので一応健康的な肌の水分量はあるのですが、触ってももちもち肌で潤っているという感触は一切ありません。

ここから40%の水分量に持っていくことを次に目指そうとおもいます。


Sponsored Link

肌の水分量を上げるためのスキンケア

肌 断食 ブログ

肌の水分量をUPさせるためのスキンケアは、肌断食を継続しながらも下記のことも気をつけなければなりません。

肌断食だけでは40代の肌には限界がありそうです・・。

  • 食事
  • 睡眠
  • ストレス
  • 紫外線対策
  • 腸内環境を整える

おなじみの食事や睡眠、ストレスなどの対策ですね^^

それに加えて紫外線対策や腸内環境を整えることも、40代の肌がきれいになるにはかかせないことです。

 

肌断食にこれらのことをプラスして外側だけでなく内側からもケアしていくことで、肌が潤うのではと思います。

また肌の水分量は皮脂と天然保湿因子、角質細胞間脂質(セラミド)の働きで保たれています。

これらを補うには食事でビタミンやタンパク質、酵素などを取り入れるとともに、スキンケアでも下記のようなものが入っている無添加の化粧水を使うといいとされています。

  • ビタミンC
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • コラーゲン
  • セラミド

肌断食ではスキンケアはしないとされていますが、40代くらいの年齢になると必要なものは取り入れるという考えもあるようで、肌の働きを阻害しない化粧水のみを上手く使うといいそうです。

しかし取り敢えずはまず食事と腸内環境を整えてみようと思います^^

少しずつでいいので外からと内から肌をきれいにしていきたいです。

 

肌が乾燥しなくなってもキレイな肌を目指していくには、40代の肌断食はここからが勝負なのではと考えています。

1ヶ月でなんとか乾燥がなくなったのはワセリンを付けすぎず上手く使い、メイク用品もミネラルファンデーションに変えて、ちょっとでも肌に優しい環境にしたことが良かったのかなと思います。

 

肌断食でメイクをするならカバー力が全然ないなと初めはかなり思いますが、ミネラルファンデーションはおすすめです。メイクやクレンジングは肌への負担がすごいです。肌断食をしてからこのことは実感しました。

ミネラルファンデーションはお試しセットから始めるのがいいですよ。

肌断食 成功

肌断食 メイク

肌断食 メイク

 


Sponsored Link




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link

サイトマップとお問い合わせ





Sponsored Link