肌断食の経過40代のブログ5日目|メイク前の下地や落とし方と石鹸も





肌断食を始めて5日目ですが、いまだに肌断食前から使っている界面活性剤やシリコン入りのカバー力のあるメイク用品で化粧しています。

早く洗顔で落ちるメイク用品に変えないといけないと思いつつも、どんなものがいいのかを調べることができずに手が止まっていました。

 

なんせメイク前の下地や落とし方、使う石鹸などちゃんと肌のことを考えて行わないと続けていても意味がないからです。

しかし4日目の夜に洗顔をし、5日目の朝メイクをした後に肌に違和感を感じたのです。

*メイク前の下地や落とし方などから読みたい場合はもくじをクリックしてください^^(前置き記事があります)


Sponsored Link

肌断食の経過40代のブログ5日目|メイクはしたいけれど

肌断食 メイク

肌断食中はメイクをなるべくしないで、肌に負担をかけないようにしなければならないのですが、仕事に行くのにメイクは必要で、メイク用品を変える、それもミネラルファンデなどの洗顔用の純石鹸で落ちるものとなると、なかなかドラッグストアなどでは種類がありませんでした。

 

自分に合ったものを探す時間もなく、ミネラルファンデ自体使った事がないため、調べるのも面倒で結果今まで使っていたファンデを使用していたのですが、5日目の朝いつもの界面活性剤やシリコン入りのファンデを塗ったあと、違和感を感じました。

なぜか肌が突っ張っていたい!!

 

そう、ファンデを塗ってちょっとした頃、肌が肌断食の洗顔後の痛さとまではいかないものの、肌が突っ張って少し痛みがありました。

なんでだろうと思って仕事の昼休みに調べると、下地に使っている乳液やクリーム、日焼け止めなどの脂っぽいものには、脱脂力があるため、しっとりしている様で実は肌の皮脂膜を奪っているとの記載が。

あ・・・やっぱり。よくないんだな。

 

またファンデ自体にも界面活性剤やシリコンで、カバーされたりツヤ感があるように見えるだけで、肌の皮脂膜や毛穴をフタするため、ダメージや脱脂力があるんだとか。

 

実は5日目の朝は、下地をしないでメイクをしたため、肌が突っ張ったんだと思います。メイクって下地で潤いもどきを与えているから、ファンデをつけても余り肌の突っ張り感を感じないのですね。

肌断食中だから下地をワセリンにしていたのですが、ベタベタするので上手くファンデが塗れなくて、とうとう5日目の朝、下地なしで直接ファンデを塗ったのです。

それが不幸中の幸いか下地をつけずに塗ると、見事にファンデが肌に影響を与えるって事を実感しました。

 

ようやく夜だけ肌断食の私も「あー、これはメイク用品かえないとな」と痛感。

そしてもう1つ。メイクをしているとファンデを落とすために、メイク落としや洗顔フォームを使わないといけないこと。これも気がかりでした。

せっかく肌断食やってるのに、肌に負担をかけてばかり・・。5日目になると肌がキレイになるのを助けたい!という気持ちが強くなってきたんですね。

夜だけでもいいけれど、メイクも肌にいいものにして全面的にやってやろうと心から思えたのです。

 

5日目、肌の突っ張りは少し軽減してきたように感じるものの、まだ痛いのはメイクをしていることが原因の1つだと思うのです。

肌って自分が感じないだけで負担にずっと耐えていたんだな

という事がすごくわかった1日でした。もっと負担を軽減させてやろうと心に誓ったのでした。


Sponsored Link

肌断食のメイク前の下地や落とし方

肌断食 メイク 下地

肌断食のメイクは基本NGです。でも私のように仕事をしている人にとってはすっぴんは厳しいです。

そんな人の救世主がミネラルファンデーション。この石鹸で落ちるミネラルファンデーション以外のメイク用品のメイク前の下地は通常と同じ化粧水や乳液などですが、ミネラルファンデーションを使う場合のメイク前の下地は基本ごくうすーーく伸ばしたワセリンです。

 

肌の調子が整ってくれば、メイク前の下地は不要になるんですよ^^

でもそんな肌になるまでは、下地はうすーーいワセリンです。なぜうすーーくと強調するかというと塗りすぎるとベタベタしてファンデが伸びずに顔がウロコ??のようになってしまいます。

 

例えが悪いですが、ファンデが伸びずにアバターのような模様のある顔に仕上がるのです。あるいは半魚人のような顔に・・^^

ごく少量のワセリンを手の平に取って指でこすって温めたら、そのまま顔全体に広がるように少しずつ手のひらを移動させていき、行き渡ったらそのまま手のひらで顔を覆って温めてください。

馴染んだらこれだけが肌断食中のミネラルファンデーションを使う下地になります。

 

そして落とし方ですが、通常のメイクのファンデーションはメイク落としや洗顔フォームなどで落としますが、肌断食中にメイクで使うミネラルファンデーションの落とし方は、通常の洗顔石鹸(弱アルカリ性の石鹸)で落とします。

間違っても通常のメイクを洗顔石鹸(弱アルカリ性の石鹸)で落とさないようにしてくださいね。ちゃんと取れていればいいのですが、ミネラルファンデーションでなければ取れにくいです。

 

しっかり取れていないと肌に残り毛穴に詰まってしまい、炎症やニキビなどの肌トラブルを起こしてしまいますから、ミネラルファンデーション以外のメイクを使っている場合は、今まで同じように化粧水などの下地を使って、メイク落としでメイクを落とすようにしてくださいね^^

肌断食夜だけ派や週末だけ派の人は、ゆっくりながらも肌を休ませて、徐々に強い肌を目指すスタンスでいいと思います。

 

私もそうしようかなと思っていましたが、肌に負担をかけすぎていたことを上記のようにヒシヒシと感じたので、メイク用品を肌断食でもOKのミネラルファンデーションに変えて、全面的に肌をバックアップします。

肌断食5日目は、肌にどれだけ負担がかかっていたのかを思い知らされた日でした。まだ肌はヒリヒリしますが、メイクをなんとかして肌をいたわりたいと感じました。

自分が助けてあげないで誰が肌を助けるんだと思います。明日は土日で会社が休みなのでミネラルファンデーションを買って来ようと思います。


Sponsored Link




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link

サイトマップとお問い合わせ





Sponsored Link