肌断食でニキビができる・悪化し治らない・大量発生の原因は

肌断食を始めるとニキビが急に出来て増える事があります。ただでさへ乾燥や突っ張り感で辛い時に、ニキビができて悪化するともう終わりだと思ってしまいますよね。

またなかなか治らない、大量発生した場合の原因はどんなことが考えられるのでしょうか。

肌断食を始めて初期の頃に、ニキビができる原因を調べてみました。



ニキビができるサイクルは

肌 断食 ニキビ

ニキビは角質の防御能力の弱化(乾燥やダメージ)と精神的ストレスが原因で出来ます。またニキビは脂と角質から作られています。

ニキビが出来るサイクルは、毛穴の中にある角質は通常だとはがれて無くなるのですが、上手く無くならず毛穴の中に残ってしまう場合があります。

そして毛穴の中に残ってしまっている角質に皮脂が混じり塊ができることで、毛穴にフタをしてしまいます。

毎日角質と皮脂は毛穴から分泌されるのですが、毛穴にフタがされた状態になってしまうと、出てこれず中で膨れ上がりニキビになります。

膨れ上がったニキビは、さらにその毛穴の中でアクネ菌が外に出られなくなり増殖し炎症を起こします。

このサイクルがニキビが出来る原因です。

ニキビは角質が自然に剥がれるサイクル(ターンオーバー)が正常であれば出来にくいのですが、角質が早くはがれ過ぎたり、はがれず肌に残ってしまった所に、乾燥で皮脂が多く分泌されるとニキビが出来やすくなるのです。

肌断食の初期段階の肌は、乾燥が酷くてターンオーバーも乱れがち、ワセリンで毛穴をふさぐため、ニキビができやすい状況を作りやすいのです。

そしてニキビは、今日肌断食を始めたからといって急に明日できるものではありません。

肌断食でニキビができる原因は

ニキビができるサイクルがわかったところで、肌断食のどんなことが原因でニキビが急に出来るのか理由を調べてみました。

1,乾燥したから

大人ニキビは肌が乾燥すると発生します。今までもニキビが出ていた人は洗顔フォームやクレンジングが強すぎたりなどして、肌が乾燥を繰り返す事でニキビが発生していた可能性もあります。

ニキビが出来る原因は皮脂だと思っている人が多いのですが、ニキビは乾燥が原因で出来るため、肌断食によって肌が乾燥しニキビができやすくなることがあります。

乾燥するから保湿しようと皮脂が異常にでてしまうのが原因なのです。

2,ワセリンの塗りすぎ&使わない

肌断食の強い味方のワセリンですが、ワセリンを塗りすぎると毛穴がつまりニキビができやすくなります。

ほんの薄く痛い部分だけに塗るならいいのですが、結構べったり多い回数塗っていると、ニキビができる可能性が高まります。

♥関連記事⇒ 肌断食とワセリンの使い方

また使いすぎは皮脂膜の生成を阻害するため、なかなかバリアができずニキビもできやすくなります。

逆にかなり乾燥がひどい状態なのに使わないということも、バリアがなくむき出しの状態になっているため、触ったり何かが当たったりするとダメージや細菌が付いたりとニキビができやすい状態を作ってしまいます。

ワセリンは痛い部分にだけちょっと使うなど上手く使ってくださいね。

3,肌に刺激を与えている

肌断食を始めたばかりの肌は、もうバリアも無くかなり弱い状態です。そんな所に刺激を与える事をしていませんか?

肌断食中は肌はかなりデリケートです。皮脂膜も上手く作れないため、細菌などが繁殖しやすい状態になります。

無意識にしている事が多いのですが、下記のことをしていないか気をつけてくださいね。

  • 顔を気にして触る
  • 髪が頬などに触れている
  • シャンプーやリンスを流す時にシャンプーやリンス剤が顔を伝う
  • 洗顔時泡立てずに、無意識に少ない泡でこすって洗っている
  • 顔を拭く時にゴシゴシこすっている
  • タオルが硬い
  • 洗顔時のすすぎのお湯の温度が高い(35度がベスト)
  • 洗顔をしすぎている。基本夜の1回。朝はぬるま湯だけでOK
  • 洗濯で使っている洗剤や柔軟剤が実は刺激になっているかも(敏感肌)

こんなことに心当たりは無いか良く行動を観察してみてください。

髪がよく肌にあたっていたり、無意識に触る癖があったり、タオルが固めで刺激になっていたり、よくあるのが柔軟剤の成分が刺激になっていたり、シャンプーなどの洗剤を含んだお湯がシャワーとともに肌に流れ、それが原因になったり、無防備の肌には至る所に、刺激になってしまう原因があるのです。

なるべく肌を清潔にし、こすったり何かが肌に触れるという事をがないように、肌断食を始めた頃に気をつけてください。


4,今までかなり化粧品を使っていた

肌断食は化粧品に頼らず自分で保湿をする肌を手に入れる事も目的の1つですが、今まで保湿するのに化粧品を使っていれば、それが無くなってしまうと一気にダメージが来ます。

使っていた化粧品の数が多いほど、肌はなにもしなくても良かったからです。

元々化粧水だけしか使っていなかった人と、化粧水、美容液、乳液、パック、クリームなどを使っていた人では、肌が自分で保湿をする力は当然違います。

また使用していたものが多いと、その使っていた成分のおかげで本来はニキビが出来るはずだった状態を防いでくれていた可能性もあるのです。

それが肌断食で無くなってしまうと、自分で防ぐ力を初期段階では持っていないため、肌のバランスが崩れてニキビが大量発生する可能性が高くなります。(5の状態になりやすくなります)

ニキビの原因となる角質が正常になればニキビは減らせる可能性が高いのですが、そのためには角質を保護している皮脂膜がしっかり出来ないといけません。

皮脂膜が奪われる原因ですが、日焼け止めやクリーム、乳液などのクリーム系のものを肌に塗ると、一見肌がしっとりした様に見えても、クリームタイプのものは肌の油分を吸い取ってしまい、肌自体は乾燥してしまっている状態が起こりやすいのです、

そのため今まで使っていた化粧品などで、かなり肌が傷んでいる場合は皮脂膜できるスピードも遅いですし、インナードライ度が高いため注意が必要です。

5,皮膚常在菌のバランスが崩れる

皮膚常在菌は、人間の皮膚に1兆個くらい生息していて皮脂や汗をエサにして生きています。主な皮膚常在菌は表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、などです。

この皮膚常在菌は、大人しく繁殖などはしない性質をもっていますが、肌断食開始後のように、今まで保たれて来た事が急になくなり、常在菌のバランスが崩れた時に肌トラブルが一気に起こってしまいます。

肌断食だとかなり肌が乾燥することで、皮脂が乾燥をどうにかしようと異常分泌するとアクネ菌が超大量に増えニキビが大量発生する事にも。

この皮脂が異常分泌するパターンは、洗顔フォームやクレンジングなどでしっかり&何度も洗顔して居た人に起こりやすく、毎日洗いすぎて皮脂を取りすぎているせいで、乾燥し皮脂を沢山出そうと皮脂腺が大きくなってしまっています。

そのため沢山皮脂が出てしまうのです。

また皮膚常在菌は花粉やカビなどを食べてくれるので、バランスが崩れて食べてくれなくなってしまうと、肌はさらに花粉やカビの刺激で湿疹、かゆみなどが出てしまう可能性も高まってしまいます。

6,ストレス

ニキビが出来る原因の1つにストレスがあります。肌断食を始めて痛みを我慢する、メイクを我慢する、見た目を我慢するなど色々なストレスがあると思います。

これが意外にニキビと関係が大きく、イライラする事が多いと肌に影響を与えてしまいます。

肌断食中はどうしてもイライラするとは思いますが、肌がキレイになったらどんな嬉しい事があるだろう?と少し気持ちをリラックスして、楽しい事を思い描くだけでも違って来ますので、余りストレスをためずにいてください。

上記の様な理由が、肌断食を行うとニキビが増える原因です。

でもここを乗り越えて肌断食を続けて行き、肌が自分で保湿を始め肌の調子が整ってくるとニキビは減って来ます。

肌断食を始めた頃は、色んな事がストレスになりやすいので、しっかり睡眠も栄養も摂る様にするなど、長期戦になることを考えて、焦らずに落ち着いて続けてみてください。

 



肌断食でニキビが悪化・大量発生するのは

肌 断食 ニキビ 大量 発生

肌断食でニキビが悪化したり大量発生するのは乾燥が一番の原因ですが、無防備になった肌に何かが当たり接触したり、朝も洗顔していたり、肌断食を行っているけれど洗顔は洗顔フォームを使っていたり、ワセリンを常にベタベタに塗ったり、汗をかきやすい季節だったり、春などアレルギーになりやすい時期だったり、自分がいつも調子が悪いなと感じる季節だったり、脂漏性湿疹になっているのに気づかなくて悪化させてしまったりと、人それぞれ様々な原因があります。

また始めた頃は、バリアである皮脂膜がうまく作れないことも原因の1つです。

その原因を取り除かなければニキビは治りませんし、悪化、大量に発生してしまうなど酷くなる場合もあります。

そのため何が原因になっているのかを考えて1つずつ取り除き、ニキビができる要因を上手く回避するようにしてみてください。

たとえば・・

  • 髪をくくってみる
  • 使っているもの・毎日の行動を改めてみなおす
  • 肌が弱い季節のときは、界面活性剤などを含まない化粧水をプラスする
  • ワセリンの塗り方を考える
  • ストレスをためない

またニキビが出来る原因は、いろいろありますが本当のところは解明されていないこともあるそうです。

そのため少しでもニキビが出来ないようにするためには、肌には何もしないという原点にたどり着き、それが肌断食にも結びついているのです。

まとめ

肌断食でおこるニキビ。

原因があるからできるのですが、その原因を取り除かないと回復してきません。

何か思い当たることはないか、自分では無理だと思ったら病院へいくなど対策をしてくださいね。

ニキビは乾燥が原因で出来やすくなりますが、肌断食はかなり肌が乾燥します。そこへワセリンを塗ると痛みは緩和されるのですが、塗り過ぎると毛穴が詰まったりニキビができやすくなるというデメリットがあるため、ニキビができやすい状況を作っているのは確かです。

バランスが難しいのですが、ワセリンを塗り過ぎない、顔全体には塗らない、乾燥が酷いときは界面活性剤などを含まない化粧水と併用するなど上手く乾燥対策をしつつ、生活環境で肌に刺激を与えていないかも考えて、ニキビが極力できないように工夫してみてください。

また角質が上手く機能しない事と皮脂膜が作れない、または自分で取ってしまっている(洗顔やこすったりの刺激などで)ストレス、無防備な肌が何かを接触して刺激となっていることなどが、肌断食を始めた頃のニキビが出来る原因になりやすいため、ニキビができたら何か当てはまる事はないか、考えてみてください。

悪化したり大量にできてしまう前に、できる対策をとって回避しましょう。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

サイトマップとお問い合わせ