肌のシミを消す方法は?化粧品とレーザー・食べ物ならどれ?





シミが出来てしまったらあなたは何でシミを消そうと思うでしょうか?

シミ専用の美白化粧品?それともビタミンたっぷりの食事?あるいはレーザー治療で一気に片付けますか?

 

肌の事を考えたらどの方法が一番いいのでしょうか?



肌のシミを消す方法|美白化粧品

肌 シミ 消す

肌のシミを消したいとき、ふと目につくのがシミ対策のある美白用化粧品です。

肌のシミを消して透明感のある美白へなどと宣伝されている美白化粧品。これに頼りたい!と考える人も多いと思います。

ただ美白化粧品には必ずといっていいほど界面活性剤が入っています。

界面活性剤は肌の保湿で重要な役割がある角質層を破壊し、乾燥した肌を作ってしまうのです。

 

さらに美白化粧品はメラニンを作らせない成分が入っており、これが美白という名で売り出されているものが多いのですが、メラニンができる部分は肌が傷んでいる場所です。傷んでいるからメラニンが肌を守ろうとしてシミができる原理があります。

その部分にメラニンができないようにすると、肌は無防備になり危険な状態になります。

通常肌が元気なときはメラニンが守ったあとにシミができてもターンオーバーで消えていきますが、傷んでいるとターンオーバーが起こらず、シミが沈着し消えないのです。

 

そのためある意味美白化粧品は、更にシミを増やすことに繋がることもあるので危険なのです。

美白化粧品に含まれる成分をちょっとみてみますね。

  • ビタミンC誘導体
  • 4MSK
  • コウジ酸
  • リノール酸
  • エラグ酸
  • マグノリグナン
  • アルブチン
  • カミツレエキス
  • ルシノール
  • トラネキサム酸
  • ロドデノール
  • ナイアシンアミド
  • ハイドロキノン

このような美白化粧品に含まれる成分は、肌が傷んでいるため守ろうとするメラニンの司令を拒否させるものです。

その傷んだ部分に紫外線があたる⇒ でもメラニンはブロックされる⇒ さらにそこは傷む

これの繰り返しです。そのため美白化粧品をやめたとたん、シミが一気に出来る時があります。そのため美白化粧品でシミを消すことは根本的な解決にはならず、やめるとシミが増える危険性も併せ持っています。

 

そのため美白化粧品でシミを消すのはあまりおすすめはできません。



肌のシミを消すレーザー治療

肌 シミ 消す レーザー

肌のシミを消してくれるらしいレーザー治療。

レーザーが効果の出る理由は、化粧品などは肌の表皮までの範囲のみで、肌の奥まで作用するものはダメなのですが、医療は肌の奥の真皮まで治療する事が出来るからです。

ただトラブルも耐えません。金額も掛かります。

 

また強い肌ならともかく弱い肌にシミを消すレーザー治療を行っても、一旦はシミが消えても基盤になる肌が弱ければシミはまた確実にできて来ます。逆にトラブルになる事もあります。

肌が弱い状態でレーザー治療を行ってもイタチごっこなのです。一旦シミは消えるかもしれませんが、肌が傷んでいる限りシミはまたできます。

 

そのためレーザー治療でシミを取っても、そのあとしっかり保湿できている強い肌を作っていかないとまたシミはできてしまいます。

肌のシミを消す食事

肌のシミを食事で消そうを思った場合、時間はかかりますがビタミンやタンパク質などを豊富に摂り、腸活も取り入れていけば時間はかかりますが、肌はきれいになっていきます。

ただかなり時間は掛かります。1年ほどは期間をみていた方がよいでしょう。

 

そのため食事でシミを消すことは、長期戦になります。

しかし一度肌や身体によい食生活が身につけば、この先困ることはありません。

青汁や酵素などを取り入れながら、ゆっくり時間を掛けて美白を行う場合には向いています。

酵素とコンブチャ&乳酸菌できれいになりながらダイエットも!


肌のシミを消す事が出来る肌とは

肌 しみ 化粧品

肌のシミを消すためには、ターンオーバーがしっかり行われる肌、間違ったスキンケアをやめ、バリア機能が回復した肌を目指さなくてはいけません。

これは効果がある!といわれるけれど肌によくない化粧品に走ったり、レーザー治療を受けたても手に入りません。

 

時間は掛かるけれど地道にビタミンなどをしっかり取り、食生活や生活習慣に気を付け、肌に良いものだけを使っていく。これがやはりシミを消す王道なのです。

シミを早く消したい!その気持は痛いほど解ります。

でも焦って即効性を求めると、肌には同じくらいダメージとして返って来ます。

 

シミを消すには時間が掛かります。でも自分でシミを消せる様になる肌を目指してみませんか?

 

年齢が進むにつれシミが多くなるのではなく、逆に減って行く肌を手に入れられたらそちらの方が人生変わると思いませんか?

肌をしっかり保湿し、界面活性剤などが入っていないものを使っていき、メイクをミネラルファンデーションなどに変えていくとゆっくりですが肌は再生しきれいになってきます。

 

それには肌を傷めずに角質層のラメラ構造を整えていく化粧品とミネラルファンデがおすすめです。

美顔器 美容液

♥関連記事⇒ 肌にいいミネラルファンデーションを試してみる

まとめ

シミはいやなものです。

しかしシミができる場所は肌が傷んでいる場所でもあります。

またシミが消えない理由は、肌の乾燥、ターンオーバーができていない、肌自体が弱っているなど紫外線を浴びるとさらにシミが増える好条件が揃った肌だからです。

 

レーザーは早いですが、その後のケアが同じならまたできる可能性害あります。

そのため肌をきれいにしたいと思ったら、化粧品は美白ではなく界面活性剤を含まない生コラーゲンなどで角質層から保湿できるものを選んだり、石鹸で落ちるメイクが可能なミネラルファンデーションにして肌の負担を減らしつつ、酵素などで中からもキレイにすることが理想です。

時間はかかりますが、その分いつまでもきれいな肌を手に入れられるので、いちど試してみてくださいね。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link

サイトマップとお問い合わせ





Sponsored Link